東京・雄武会

ホームページに戻る


ふるさと雄武へ!鈍行列車の旅

9月中旬に家内と事務局長のO君の3人でJRの企画期間限定切符(北海道&東日本パス=JR北海道及びJR東日本管内の鈍行列車のみを7日間乗り放題で10,000円という切符)を利用して 東京からのんびりと雄武までの旅行記です。

<1日目>
 上野駅を午前7時58分発、宇都宮駅、黒磯駅、郡山駅、福島駅、米沢駅、山形駅、新庄駅、酒田駅での8回乗り換えて夕日の日本海沿いを一路秋田駅へ。秋田へは午後7時36分到着。 ほぼ12時間を列車で過ごしたことになります。乗り換えが多いので、寝ることも出来ずやや疲れ気味状態でしたが、この程度は事前に想定済です。
 新幹線のホームと違い、最近の在来線のホームでは、どの駅でも売店がなく弁当やビールも買うことも出来ず、お腹を空かしての1日でした。 この日は事前に見つけておいた秋田の郷土料理の店にてまずは乾杯と…

まずは酒田の駅から。何処に、あるっけ! 以下クリックして見て! 奥さんとO君談笑? 本当は、日本海に沈む夕日を見たかった

<2日目>
 この日は、秋田駅発午前11時02分と遅いので、秋田市内を散策がてら秋田市民市場を見て美味しそうな「いぶりがっこ」を購入、その足で白神山地を日本海沿いに走る五能線の快速リゾート 列車に乗車。(この列車は、310円の指定席券のみを購入することで4人個室への乗車が可能)
途中のウェスパ椿山駅にて下車し、日本海の浜辺にある露天風呂で有名な不老ふ死温泉にて立ち寄り湯。天気が良かったので、地平線を見ながらのんびりと浸かることができました。 その後、駅に戻りやはり快速リゾート列車にて五能線の旅を満喫し、午後6時23分弘前駅で途中下車。駅近くにある津軽三味線を聴きながら飲める居酒屋「山唄」にて津軽三味線を堪能し、青森駅へと向かい22時42分発札幌行き “急行はまなす”に弁当とビールを買い込み乗車(この列車は現在において、唯一の夜行急行列車のため鉄道ファンには人気がある列車です。その中でものびのびカーペット車両の予約が難しく、私は乗車1ヶ月前の発売初日にゲットしました。 なお、急行券1,260円+座席指定券310円が必要です)

k君夫妻、お孫さんとどっちもどっち k・O両君です。勿論昼間からビールの空き缶 不老ふ死温泉最高。左側男性用、右側は・・・

ふかうらと読めます。何処だっけ? 弘前での津軽三味線酒場。堪能! カーペット車。青函連絡船を参考に!

<3日目>
 翌日早朝の午前5時01分苫小牧駅下車後、駅構内で洗面を済まして朝食を買うために苫小牧駅近くのコンビニを探すも見当たらず、諦めて午前5時50分発の日高本線静内駅行きに乗車。初めて乗るこの線は、 太平洋の海のそばをぎりぎりに走ることにびっくりし、海が荒れるとどうなるかと心配しているうちに高校の登校時の生徒で車内も混雑し出してきました。昔の興部高校へ通学していた頃を思い浮かべてしまいました。
静内駅で下車し、ここからはレンタカーを利用して襟裳岬を目指します。途中、日高本線の終着駅である様似駅にて休憩し、駅に隣接している観光案内所のお姉さんと様似町や近郊の話をして一路襟裳岬へと走ります。
この襟裳岬は、ルートの関係で観光ツアーのコースにはあまり盛り込まれていないため、立ち寄る人は少なく、この日も霧もなく、天候が良いのに観光客は少なくてのんびりと岬を散策することが出来ました。 (北海道の尾底骨と言われていることがここへ来て良く分かります)
その後、帯広を目指して、黄金道路から広尾、中札内を通って観光スポットである旧広尾線の幸福駅に立ち寄り午後3時30分に帯広駅に到着、レンタカーを返却し、さらに鈍行列車にて午後4時04分発釧路行きに乗車。
さすがに北海道は特急列車が優先なので札幌からの特急列車が遅れのため、この列車も池田駅で30分ほど停車して特急列車の追い越しを待っての発車です。数人の乗ったこの列車も午後7時30分頃に釧路駅に無事到着。
ホテルにチェックイン後すぐに夕食のため外出、釧路は炉端焼きの発祥の地です。前回来た時には観光客に人気の店で2時間待った経験があったので、今回は釧路フィッシャーマンズワーフの中にある「港の屋台村」へGO! ここのシステムは10軒の店の中から好きなものをオーダーして自分のテーブルにて飲食できるのですが、やはりテーブルの近くの店の人と話をするため、その店の料理を中心に頼んでしまいます。やはり店の女将さんも手馴れたもので、 地元の話の中で色々な美味しいものを勧められ、ついついお酒の量も進んでしまいました。さすがにこの時期、釧路の夜は冷え冷えとします。

襟裳に向かう海岸線を走る。海と近すぎ 様似で夫婦でにんまり。ピース ついに来ました。何もない襟裳岬です。風はビュービュー。波はざんぷらこ。違うか!

幸福駅です。幸せそうなお二人です 貸し切り鈍行列車。バンザイ! 釧路港。後ろは幣舞橋。た・し・か?

<4日目>
 翌朝5時55分発の一番列車で根室へ向かいます。車窓からの景色は、やはり根釧原野と言われるだけに雑木林の中をしばらく走り、ようやく厚岸あたりから海が見えて来ました。 本来ならば厚岸や霧多布などにも立ち寄りたかったのですが、列車の本数が少なくて断念しました。うつらうつらとしているうちに午前8時13分根室駅に到着、目的である納沙布岬へは観光バスもありますが、 ここは自由の効くレンタカーを利用して根室近郊を巡ることにしました。まずは、花咲岬、花咲港でのさんまの水揚げを見て、ドラマ「北の国から」で有名になった落石岬。風蓮湖、そして日本最東端である納沙布岬へと。
北方領土は見えませんでしたが、色々と領土問題を抱えてのこの時期に北方四島は返還される日が来るのでしょうか?
納沙布岬では、昼食時にさんま丼の発祥の店でさんま丼定食を食べました。この定食には花咲蟹の味噌汁がついていましたが、殻が固くて身を出すのに一苦労し、店を出て岬の汐風に当たると北の海の香りと風景に 昔の雄武の浜での思いが蘇ってきました。
レンタカーを返却後、根室駅発午後4時00分で東釧路駅まで戻り、釧網線に乗り換え一路釧路湿原の玄関先である塘路駅に午後6時53分到着。予約していたカヌーを所有しているペンションでの宿泊です。

風蓮湖です。野付に行かないと北方4島見えないのか 北方4島返して!!! 雲1つ無い最高の納沙布岬でした

<5日目>
 早朝午前4時30分に起床して5時出発のカヌーに乗船です。他に2名のお客さんもいたので私たちも含めて5名の乗船ですが、どのようにして乗るのかと思案していたところ、2艘のカヌーを器具で合体して 船頭さんを含めて6人が乗れるようにしていました。2時間のカヌー体験でしたが、やはり天候にも恵まれて朝靄の中、静まり返った川辺をカヌーが下っていく情景は幻想的でした。途中、鷲や鹿、丹頂鶴などを見ることも出来、遠くには雄阿寒岳、 雌阿寒岳が望むことも出来て一生の思い出です。やはり旅行の良し悪しは天候に左右されることが多分にあります。
下船後、ペンションに帰って朝食を済ませて温泉に入浴後、塘路駅発午前9時36分にて網走を目指します。途中の車窓から羅臼岳、斜里岳も望むことが出来、斜里駅を過ぎたあたりからオホーツク海の沿岸沿いに列車が進んでいきます。 網走駅では、遠軽行きにすぐの接続です。これに遅れると本日中に雄武にはたどり着くことは出来ません。
急いで桟橋を渡り列車に乗り換えることが出来ました。途中北見駅では、待ち合わせていた東京雄武会のH君とも合流することが出来て車内でお互いの旅行談義をしながら遠軽まで続きます。途中に思い出したのが、 小学生の頃先生から聞かされた今でも忘れられない生田原駅近くの常紋トンネル工事での幽霊の話のことです。あの頃は純粋だったのか、すごく怖かったことが思い浮かびました。先生の話し方もうまかったのでしょうね! そうこうするうちに終点遠軽駅に午後2時53分到着です。JR線の利用はここが最後です。ここからは、紋別まで路線バスを利用して雄武へ向かいます。
遠軽バスターミナルまで行き午後3時40分の紋別行きに乗車するものの、国道を一直線に走るのではなく、町に入るとグルグルと回って走るため紋別には午後5時05分の到着です。 紋別では、午後6時15分発雄武行に乗車する予定でしたが、地元の友人であるO君が仕事の途中で紋別まで迎えに来ていただけることとなり、紋別からはO君の親切に甘んじてしまいました。最終的には雄武到着が午後6時30分頃にたどり着き、 その晩は同級生10人ほどと親交を深め、無事に雄武へ到着したことを実感した夜でした。

カヌー初めての経験です 朝靄の釧路湿原。世界遺産に申請出来ない。なぜか? 丹頂さんでした

2時間も乗っていました。3人でポーズ 宿泊施設のリス君です あとは鈍行終着駅遠軽へ

<その後>
 雄武の実家である兄貴の家で3泊お世話になり、姉とも話が出来ていい思い出となる旅行でした。
帰りはオホーツク紋別空港からANA「シニア空割」と「雄武町オホーツク紋別空港利用促進助成金」を利用させていただき、実質2,000円、5時間程度(雄武の実家→東京の自宅まで)で帰ることが出来ました。
この旅行中は天候も良く、暑くもなく寒くもなくの絶好の旅行日和でした。訪れた場所の評価は天候に左右されることを実感した旅でした。
この次は、北海道の中でまだ行った事のない道南の松前、江差、奥尻島かなぁ…

日本海は夕日。オホーツクは朝日。わかってるネー 雄武漁港いや築港。正式名どっちだ! 紋別便でいざ東京へ。有り難うございました

ページトップに戻る


Copyrughts(c) 2007 TokyoOumuKai All Rights Reserved