東京・雄武会

ホームページに戻る

今月のお知らせ(11月)

晩秋の候、皆様ご健勝にて11月をお迎えのことと思います。先月は特に台風15・19号が関東地方に上陸し甲信越地方からさらに福島県、宮城県、岩手県に至るまで多大なる災害を受けましたこと、ご災難に合われた方々に対しましてお見舞いや、お亡くなりになりました方々に対しまして心よりお悔み申し上げます。
思えば9月初旬千葉市付近を直撃した台風15号でしたか、個人的な想い振り返れば「あぁ、東京上陸外れ大したこともなく良かったナァ」とテレビでの都内にある街並みの木々の折れた報道見ていたものでした。が1夜開けて各局とも特に市原市付近でしたか各家々の屋根飛んだ、電柱が折れ曲がった、ゴルフ練習場の鉄柱が倒れ周りの家々を壊した等々の記録的な暴風雨で甚大な被害をもたらしている報道見てびっくりしたものでした。ちょうど「東京・雄武会」開催へのご案内発送時期でもあり、主に千葉地方在住の同級生数人大丈夫かなと心配したこと思い出し(友人達参加の返信に一安心でした:同級生友人って!ありがたいね、他の友人達も発送後すぐの参加の返信帰って来て嬉しい限りでした)、そしてその後19号でしたか東京都のど真ん中に上陸したのです。しかもその被害は関東地方にとどまらず猛烈な雨と風をもたらし山梨・長野両県や新潟・福島、宮城、岩手と東日本中に大雨特別警報が発表されたのでした。
多摩川を始めとする複数の河川での氾濫、決壊も皆様の目に焼け付いていることでしょう。多摩川の1部でまだ土手工事していない場所あると知りました。景観損ねるからと反対とのことでした。でも結局そこから氾濫した訳でしょう。昔「岸辺のアルバム」でしたか多摩川決壊ドラマ杉浦直樹主演での物語ありましたがあまり覚えていません。しかしそのおかげでテーマ曲歌ったジャニス・イアン(曲ウィル・ユー・ダンス)を久しぶりに聞いて懐かしい想いに浸ってしまいました。先日亡くなった八千草薫が出演していたとありましたが記憶には残っていません。
私の住まいは江東区でいわゆるゼロメートル地帯にあります。河川敷1キロ下れば湾岸首都高速でもうそこは海なのです。ですから荒川の流れはまったくありません。汐が引くと川の1部ですが底まで干上がって見えます。30年以上住み続け経験したことないから不明ですが、私の家に水が流れ込むとしたら数メータは川の水位上昇しないといけないのでしょう。かりに1メータ上がるとしたら海も1メータ上がるということです。津波が来ると別ですが、川決壊あったとしても腰まで水位上がるとは思えないのです。まあ、家の傍の堤防が水の影響で壊れることあるかもしれませんが、ここの堤防はスーパー堤防と言ってそれは頑丈に作っております。30年以上住んでいますがその間覚えている限り2度程長期間かけ堤防いじりしていましたヨ。見ていると上乗せ仕事ではなくせっかく作った所をわざわざ壊して作り直すのです。「税金ばかり使いやがって、もっと計画を立て作れないのか!!」通るたびに何度も感じたことでした。そのおかげで現在に至っているのでしょうかネ。

本年度「東京・雄武会」定期総会・懇親会への参加者の締め切り日を終えましたので最終参加者総数をお知らせ致します。雄武町からは、9月末に雄武町長選挙に当選なされました石井友蔵新町長と、高橋信一観光協会理事長に変わりましての港町出身の浜口隆新理事長含め7名の来賓者ご出席との事、誠に嬉しい限りでございます。そして会員の皆様は49人参加となりましたこと、ここにお伝え致します。我が会の益々の高齢化と、雄武町産の海産物類の不漁と価格高騰、消費税アップ加えての会場からの宴会費価格改定のお知らせ等々厳しい状況ばかりかと思いますが、役員・会員の皆様の力添えがある限り皆様と共に野村会長の言葉通り「日本一のふるさと会」として継続を続けて行く覚悟でございます。皆様、今後とも宜しくお願い申し上げる次第です。


今月の趣味の話は先月25日の昼食後さすが良くテレビ付けたね。万歳!の話から。
よくすることですがソファに寝転んでテレビ点けたのでした。想いはメジャーリーグでのワシントン・ナショナルズVSヒューストン・アストロズ戦、コール、バーランダーで2敗したから今日はエース、グレンスキーの登板かとBSにボタンを合わせました中継ありませんでした。そうでした敵地でナショナルズ2連勝での移動日だったのでした。そこで見たのです。テレビの番組表に合わせたのですが目が悪くはっきり読めません。「鉄道員」と書いてある感じで・・・「高倉健のぽっぽやの映画か・・あれ、違うような!」ソファから起き上がりテレビの前に近づきました。主演ピエトロ・ジェルミの「鉄道員」でした。長い間待ちに待った題名についに出会ったのです。TUTAYAに何度足を運んでもこの題名のDVD見当たりません。勿論ネットで買えば多分数万円で購入出来ると思いますが、何しろ年金生活者の老人です。遠い昔のイタリアかどっかのモノクロ物語です。内容はほとんど覚えてはおりません。ただ最後の場面だけの記憶です。監督・主演のジェルミが鉄道機関士の仕事退任をし多分自分の部屋でしょうか一人揺り椅子に座り揺られながら優しい微笑みで静かに息を引取って行く場面だけです。(間違い!はずです。・・以前、内田康夫の処女作本のテレビ放映をいしだあゆみ主演と嘘書いたこと思い出してしまいました)勿論喜び勇んで録音ボタン押しましたが、まだ見ておりません。総会・懇親会に向けての各方面への連絡、確認、要請の1段落と、11月ホームページ更新が済むまで待ちましょう。更新後心落ち着かせゆっくり気分で鑑賞を味わいましょう。今日(1日)にしようかな。
ここまで書いたからもう少しだけ昔話を。実はもう1本だけ是非見たい映画(女優が見たい)のがあるのです。題名はユル・ブリンナー主演の「隊長ブーリバ」と言います。これまた内容は全く記憶ありません。共演はトニー・カーチスと言う当時男前の男優です。彼はその映画に共演した女優にほれ込みすぐに結婚してしまったのです。その女優名はクリスチーネ・カウフマンと言います。その名覚えている方いますか?幼い私でしたが世の中にこんな可愛い人が居るのかと感じた女優なのです。ウィキぺディアで調べると顔見れるはずですが、おばあちゃんになった顔は今は!見たくないのです。一目この映画見て昔の彼女の顔拝見して見たいだけなのです。ちなみに私の1番大好きな俳優は今は亡き赤木圭一郎(この名も知っている人いるかナ?)で、月1本サイクルで製作放映され、僅か2年足らずで亡くなるまで映画館通ったものです(新人吉永小百合が2本出演していましたヨ)彼のおかげで遠い昔、多分月曜日の朝礼時、体育館の舞台に呼ばれ一人何度も立たされた(記載済)こと思い出しますが、彼は良くトニーと言う愛称で呼ばれていました。痩せている感じも無く男前のところがトニー・カーチスと体格含め似ているところから呼ばれたのでした。いずれも10歳を過ぎた頃の映画と思いますが、懐かしく思い出して俺も年取ってしまったなあと感じている所です。


最後にジャイアンツの4連敗で終わった話を少し。最後のジャイアンツの最終バッター、キャップテン坂本遊撃手の三振で幕を閉じたところが真に印象で、私の想いは「打てることかなわないのに、打てると思い込む姿勢が可愛そうの姿が丸見えでスーパースターになるにはほど遠いな」が実感でした。ホームラン40本も打っているのに一番大事なクライマックス・日本シリーズ8試合ノーホームランでは一流とは言えません。ベテランの内川・松田の両選手や柳田選手やることはちゃんとこなしております。加えて丸選手過去2年間も日本リーグで戦って来た経験あるにしては「大事な試合には打てないな」が実感で、だから広島も負けたのかでした。二人で4試合1本ずつのヒットで1割にも満たない打率なのです。この二人が打たなければ負けて当然のチームなのです。
ただセ・リーグトップはたまたまでしたが、クライマックスシリーズでの阪神が出て来てこれなら日本シリーズに出れるかもと実感したのは事実です。相手が広島なら勿論のことDeNA相手でもおそらく勝てなかったでしょう(2チームに負け越しているから)他の野手陣には阿部選手含み特に論じて見たい選手いません。
菅野投手は今年の出来を象徴するかのように1発病で終わった。山口投手は3冠獲得したそうですが出来は相変わらずの1試合自責点3で今シーズン終了。彼登板時は何故か打者陣が点を沢山取れるから勝てると書いたことありましたが、この登板戦含み他の3試合共相手投手の能力の方がはるかに上回っただけのいつもの実力で終わった感じでした。他の投手達いつもの実力通りで特にコメントしたい選手は誰一人いません。
ただ一人来年を見据え特筆すべき投手がいました。メルセデス投手です。何処かの車の名ではありませんよ。テレビでは球筋良く解りませんが’まっすら’で勝負する投手です。でも今シーズン中は4回までは何とか持つのですが、それ以降何故か’まっすら’ が ‘まっすぐ’に変わってしまい毎度ノックアウト繰り返す投手なのです。出たり入ったりの登板数試合続き約1か月お休みし、終盤戦誰もいなくなったので仕方なく登板することになり、なんと中日戦でした7回1失点の好投です。いつもの登板回数何故か超えてしまったのです。完璧な出来でこのまま完投か!とさえ覚えましが、原監督取っ変え引っ変え大好き人間で交代させてしまいました。次回のクライマックススシリーズ阪神戦登板も7回無失点。そして見事日本シリーズで花開いたのです。両チームただ一人6回投げぬき自責点0で抑えたのでした。何処かの大学出で1千万超える年棒貰いながら1回無失点で終えることすら忘れてしまう投手ばかりです。実力より運に頼る高級取りばかりに、うんざりしてしまう方々ばかりなのです。メルセデス投手実は1昨年育成投手枠で登録され昨年活躍評価され年棒倍額もアップしたのでした。350万円契約でしたが今年の年棒真に残念ながら1千万円に届かなかった投手なのです。巨人軍に取ってはタダ当然の選手なのです。来年の契約はたして何倍になるのでしょうか!倍額UPでオマケつきの2千万かな?順調に伸びてくれると良いのですが。
 野球界での最後の1言。今年の沢村賞はセ・パ共該当者無しで終わりました。候補のセリーグ山口俊投手は完投試合1度も無し。パリーグ候補の日ハム有原投手は完投1試合だけで今回は両者見送りとのことでした。沢村賞の権威を尊重したいが故の決定との堀内委員長の言葉ありました。ネットで調べて見ると沢村賞の評価対象として---・登板数25試合以上、・勝利数15勝以上、・投球回数200イニング以上、奪三振150個以上、・防御率2.50以下、これに2018年から7回以上で自責点3以内という独自基準のクオリティースタート(QS)率を補則として加えて、この基準にそった成績をあげた投手を表彰する---となっております。
今後益々登板回数200回越えや完投目指す選手はいなくなり、沢村賞(正式には沢村栄治賞みたい)は後世まで世に残すことにして、どうでしょう昔100球肩投手で一世風靡?した”江川賞(完投したら対象外)”でも今後用意して見たらどうでしょう。
ちなみにメジャーリーグでのサイ・ヤング賞ですが、詳しくは調べておりませんが、決まった規約はあまりなさそうでクローザー等でも構わなく年間活躍顕著な投手に与えるらしいです。


先月30日どうしても見たく「鉄道員」を見てしまいました。モノクロ映画見ること久しぶりです。始まるや否やテーマ曲が流れ始め、7,8才位の子供が人々を掻い潜りながら道路沿いを走る映像から始まりました。鉄道に努めるお父さんに会い行く場面です。しばらくぶりにこの名曲聞きましてあらためての感激でした。でも聞きながら「あれっ、ここでセリフ入るはずなのに」昔何度もレコード聞いたから解るのです。製作者の皆さんさすが考えてますね。映画の最後の最後にアパートの隣に住む住人が仕事に階段を駆け下りて行く長男に向かって「お出かけかい!行っておいで」と(イタリア語かな?解らず自分流に解釈)かける言葉、そのセリフがレコード向けテーマ曲に使われていたのです。父が亡くなった今、これからの家族の新たなる旅立ちに向かう励ましの言葉と感じ、その映像が流れるところで完了となりさらに感動したのでした。
大筋内容は鉄道に努める父親のピエトロ・ジェルミには働きに出て居る長男筆頭に同世代の多感な長女と少し年の離れた7,8才の次男の3人の子供と、4人を温かく見守る妻との家族5人の愛の物語でした。父親にとっての1番の心配は多感な時期の長女に対してでした。付き合いの彼もいると感じ(あれっ、すでに結婚して子供出来る、出来ないの騒ぎあったかも?)、何処にでもいる父親と同じに口うるさく当たることが多く、娘も厳格な性格の父に反発しあう日々が続きます。そんな生活のある日電車の運転中、線路前に立つ人を見て急ブレーキをかけるのですが間に合わず、引いてしまうのです。その後その影響でしょうか、運転中に前に見える赤信号に気づかず、前に向かってくる電車にぶつかる既んでの所で回避することも重なり、鉄道機関士職を辞めてしまいます。その後酒に頼る日々が続き、妻や長男長女にも強く当たり散らす毎日が多くなり、結局は家を出て行くことになります。
ただ一つの光明は一人でも子供達や傍に住む叔父さん達とも仲良く走り回る次男の存在でした。ある日叔父さんにお父さんに会いに行こうと言われ、探し当ててもらった女性のいる所へ行きました。窓の外から知らないおばさんとふたりでいる所を見ました。まだ幼少ながら元気いっぱいの子供です。一人でお父さんの顔見に行く事が出来ました。窓から見ているとお父さんに気付かれ中に入ることが出来ました。お父さんによく来たなと沢山お話してくれました。この物語はこの幼い次男の存在が全てと感じました。
この出会いから父親の行動に変化が見られて来ました。家に帰ることになりました。妻も温かく迎えてくれました。娘夫婦がいませんが4人の生活が始まりました。でも酒の飲みすぎがたたったのでしょうか身体が弱くなり寝たり起きたりの日々が続くことになり、そんなある日自宅でクリスマスパーティを開くことになり、近所の友人、昔の仲間達たくさんの人々が集まってくれました。そんな中電話がかかって来て妻が出ました。父は電話の相手が誰か分かったのでしょう。妻の所に行くと妻が微笑んで静かに夫に受話器渡したのです。やはり娘でした。これから夫と行って良いですかの電話でした。微笑みながら待っているからと電話を切りました。妻に言いました。久しぶりにギターを弾きたいなと、妻にギターを持って来てもらい自分のベットに座りギターを弾き始めました。妻はコーヒーでも入れましょうねと寝室から出て行き、台所で音色聞きながらコーヒーの用意始めました。
この映画の放映時間は了解していました。もう数分で時間が終わります。今しかありません。でも「何処に揺り椅子あるのか!」妻がコーヒー運ぶ所でギターの音色が止みました。事を知っても穏やかな妻の表情をカメラが静かに捕らえて行きました。
私が11,2才の頃の作品です。あれから60年の月日が経ったのです。何故?何時から?揺り椅子に揺られ息を引取ったと想うようになったのでしょう。きっと幼な心に迫ることにもなり自分勝手な想像につながったのでしょう。やっぱり内田康夫の件と同じ間違いを起こす結果となってしまいました。でも安らぎを持って旅立った名優ピエトロ・ジェルミの父親の想いと姿に嘘はなかったでしょう・・・

 **どうしても書きたいことが!!
数日前、オリンピック競技のマラソンと競歩が東京から札幌へ変更になるとの報道に私は怒りさえ覚えます。先般何処かのマラソン競技で途中破棄選手出たから東京より温度の低い札幌に決めたのだって。しかも理由は競技者の健康を考えてだってさ。ならばパラリンピックの選手達には責任もって大丈夫と言えますか?確かトライアスロン競技は日中走るよね。先日日本で熱い中マラソンありましたが男女含め途中競技破棄した選手いた?いないよね。言いたいことは選手自身自覚し対策を講じて走ったからと思うのです。熱い国で行うから充分対策を!で各国に示せばなんのことはないでしょう。色々書けるけど、もう開催まで9カ月足らずしかないのですよ。北海道知事(確か夕張復興のために東京から任務に飛んだ人では!違っていたらゴメン)は喜んでいるとの報道で聞きましたが冗談ではありません。札幌の何処を走るのですか、簡単に札幌ドームに行き返りをとバカども(バッハ、コーツ両氏に失礼ながら)言ったみたいですが札幌ドームの行き返り出入口と道路幅細くて競技全く出来ないのだって。道知事解っていて喜んだの?円山競技場(小さい頃草ぼうぼうでトンボ取りに行った!)どうかだって?結局は従来行っている大道り使うしかないと思います。見る人は喜ぶけど競技場等利用しないのならかたまって応援する人から観覧料取れないよ。ただになるから道民は喜ぶことは間違い無いけど。小池知事は札幌で行う時は札幌で費用用意願います、都の税金は1円とも出しません。私、小池都知事の気持ち理解し大賛同です。東京開催だから札幌で競技にするなとはちっとも思ってはいません。ただ変更の理由が「熱いから」だって。『熱いなら温度設定してから言え!稚拙で子供見たいこと今更言うな』
もし札幌で雄武でも熱くなったような天候時開催する羽目になり、万が一退避者出たら道知事どうするつもりですか首くくりますか。「開催まで日にち無く準備出来ないため残念ながらお断りさせていただきます」何故日本国民としてはっきりと言えないのでしょうか。
昨日バッハ、コーツ両氏、誰かに言われ自分ら判断出来る能力もなく「分かりました」と言ったと誰かが語っていたこと始めて知りました。はっきりと名前上げたのです。もうこんな人達上部にいるオリンピック参加やめたら。何処の国もお金かかるので自国開催遠慮しているのでしょう。日本もアメリカ一辺倒はもういい加減やめたら!!

31日、朝フジテレビを見て、司会者小倉智昭がセバスチャン・コー氏(興味ある方ネット調べて)名前直に上げ説明している所見ていました。彼イギリスの貴族とかだそうです。オリンピックのチャンピオンでもあります。朝日テレビも見ましたが「セ」の言葉出て来ませんでした。同時に坂上忍のバイキングも見ました。彼も私と同じ小池都知事に賛同でした。ここでも「セ」の言葉ありませんでした。この時間帯のTBSは司会者の個性が薄く感じ報道見ておりません。

今日は語りたいことたくさん出て来て困ってしまいます。この際だから。
セバスチャン・コー氏のこと見ながら同時にBSでのナショナルズVSアストロズ第7戦目にも興味津々です。年棒メジャーリーグNo1ナショナルズ投手シャーザーと同チームであるコール、バーランダーしのぐ高年棒のグレンスキーのエース同士の対決です。今年のワールドシリーズはナショナルズのもう一人のスーパースター、ストラスバーグ含みトップ5投手の投げ合い見ることが出来る素晴らしいシリーズです。これまで3勝3敗同士いずれも敵地球場での勝ち星が続いています。それで行きますと今日はシャーザー投手が勝利投手のようです。しかしアストロズの5番グリエルにホームラン打たれてしまいました。グリエル選手と言えば4年位前でしたか横浜ベイスターズに在籍し3割打ったギリシャ出身の選手で飛行機嫌いだからもう日本には行けないと駄々をこね、翌年アストロズに飛行機で渡り入団した選手です。
少し外に出て、家に帰って見たら7回表グレンスキーがホームラン打たれ2対1に追い上げられ4番バッターに四球出し大エースが交代させられ、それが仇となり中継ぎ投手次打者に2ラン打たれ2対3と逆転されてしまいました。
エース変えなきゃ良いものの結果は中継ぎ陣がジャイアンツ投手のように撃ち込まれ2対7と点差広げられワシントン・ナショナルズは初めてのワールドチャンピオンに輝いたのでした。7戦通しての印象はいずれも敵地でのみ勝利し、ナショナルズの〇〇●●●〇〇の結果で、高年棒の5人の投手達結構ホームラン打たれたね、でした。
最後の最後に一言。侍ジャパン勝つ気あるなら3番ショート坂本勇人は使うな。ド素人のように全く打てない。山田哲人に変えろ!山口俊投手も2回投げて自責点6が実力。何故セ・リーグ選手使うのか分からない鈴木・山田選手は別としてパ・リーグ選手フルに使わないと侍ジャパンはどの国とやろうと勝つのは至難だ。稲葉監督に決断願うだけ。

ページトップに戻る


Copyrights(c) 2007 TokyoOumuKai All Rights Reserved