東京・雄武会

ホームページに戻る

今月のお知らせ (4月)

桜花爛漫の候、待ちに待った桜も満開となり、”すがすがしい初夏の訪れですね”と言いたいところではありますが今年は違います。ここ数年このページに記載するにあたり靖国神社の桜の開花目当てに足を運んで来ましたが、今年は全くその気は起こりませんでした。近くの千鳥ヶ淵公園の桜並木を散策することもありませんでした。理由は当然新型コロナウイルス対策で人込みの中で感染しないようにしたからです。何故なら先月27日朝現在で感染者の数、その前日から遡っても多くても10数名そこそこの人数でしたが集計取り始めて以来最多の41名を数えてしまったのです。変な言い方ですが北海道を抜きやっと第1位に返り咲いたのです。人口のこと考える当然の結果でしょう。第3位に大阪が迫って来たようです。これも納得です。1番私の頭の片隅から離れないことは全世界中の感染者にも言えることですが、死亡者の年齢の大多数が70歳を超えているとの報道なのです。今、一人寂しくコンピュータのキーを叩いている爺さんも、もうじき73歳を迎えるのです。
私1か月ほど前からマスク数枚残っているだけで買おうと思っても、私の周りの店でマスク見たこと1度も無いのです。ですから買い物等の人込みに入る際だけに汚れるまで使っております。誰にも注意受けないので。トイレットペーパーやテッシュですら購入不可の日も多いのです。
・・・嬉しいことが起こりました。3週間程前でしたか夜電話が入り「叔父さん!マスクある?」札幌に住む兄の次女からでした。素直に現状述べたら「知り合いからたくさん買えたから」と10数枚封筒に入れ送ってくれたのです。「無くなったら連絡して!」そして1度電話切った後再電話あり「叔父さん!外から帰ったら必ず手を良く洗ってネ」と。おそらく爺に対し認知症寸前と判断したのでしょうが大変有難く感謝でいっぱいです。もったいないので買い物等に行く時だけ従来通りで使っています。もしもその後電話あったら「何とか買えたよ!」と言うつもりです。ともかく感謝・感謝です。

 先月23日夜、安倍総理がIOCのバッハ会長と電話会談し、『東京2020』の名称をそのままで、遅くとも来年夏までに延期することに合意したとの事でした(後日報道でほぼ今年の日程と同じころ開催合意の報道あり)。翌日米国のトランプ大統領に連絡し日本の決断に賛同したともありました。新型コロナウイルス感染が全世界に広がってしまった今、当然のことと思い、東京の感染者数もヨーロッパ各国程でもなく、この状態だと政府も匂わしているようだし新学期入学式開催出来るかも。大枚はたいて買ってあげたランドセル背負って孫娘も、立派に入学出来るみたいです。
ところが25日朝でした。小池都知事の会見が始まり、ロックダウンの可能性もあるとのこと。どういう意味か良く解りませんでした。よく聞くと『都市封鎖』の意味ですって。もう1つオーバーシュート・・・世界のバスケットで大活躍中の八村塁選手のかっこいいシュート姿に関することでしょうか? これまた『感染爆発』との意味らしいです。上述で東京の感染者数ついに北海道を抜きトップに立つ、と冗談の気持ちで記した訳でもありませんが、他の国々同様日本も大変な危機に直面して来たなと感じたのです。
そして26日朝現在の東京都の感染者41名を数え、感染者出始めから1日で最高の人数に達してしまったのです。思い返せば昨年末に中国の武漢市から発生したウイルスが、令和2年に入り隣国のこともあり日本・韓国に感染発生し始め、数千人乗り合わせた中で感染者が広がったクルーズ船も日本人が多く日本の港に入るしかなく、そこから感染拡大が始まったのでしたね。その後イタリアを始めヨーロッパ各国にそして米国に広がり始め、当時外国では東洋人と見ると”お前のせいだ!”とばかり怪我をさせられた等々の事件ありましたね。1時韓国の何とか協会の集団感染もあり、その後何故かヨーロッパのイタリアのある州に急激に広まり世界中に広まって行ったのでしたね。そして日本の感染者数ここ3日間で、16人→17人そして41人に至ったのです。
26日夜、益々感染者増え47人となりました。翌朝8時、小池都知事が小倉智昭司会の『とくだね』に生出演しておりました。ここ2日間の感染者数名総数88名で、しかも感染者の中で感染経路不明者が数十パーセントいるそうで、”おそらく感染の軽い若者から移るのでは?”との専門家の意見もあり、小池都知事が何度も何度も”必要でない限り皆さん外に出ないで!夜はなるべく外出しないように”とお願いしておりました。毎日のように紹介される渋谷駅前スクランブル交差点は昼夜を問わず特に若者でいっぱいなのです。上野公園の桜を見にビニール引いての花見見物者はいないにしても、アベック含む若者同士の散策でいっぱいなのです。原宿の竹下通り・浅草雷門の仲見世通りもしかりです。若者のコメント報道聞くと現状を皆さん把握はしているようですが、年配者の感染報道が多いため自分に感染することは薄いだろうし感染者の8割は治っているではないかと感じているのでは。必ずしも若者が移し回っているとは思いませんが、人が動き回らないことが、感染数薄れることは承知していますよね。
タレントの志村けん(70歳)が感染したとの報道ありましたね。症状は重度らしく現在最高水準(人工心肺器完備)の施設で治療中の事でした。若いのに阪神の藤浪投手ら3人も感染したとか。世界を見ると、英国のチャールズ皇太子、イギリスのジョンソン首相や俳優のトム・ハンクス夫婦も感染したとの報道ありました。


ほんの一時でも新型コロナウイルスのことは忘れ、気持ちをより多く穏やかにするため、今月も名曲演奏をしばらくの間、堪能していただきましょう。今回はこの曲で大絶賛を得たピアニスト(母親が日本人でピアニストであった)のフジコヘミング(昔テレビ朝日での日曜洋画劇場の解説者淀川長治の後を受けしばらくの期間解説者を続けていた叔母さんです)と、映画『禁じられた遊び』のテーマ曲「愛のロマンス」で世界中をこれまた大絶賛させたナルシソ・イエペス(スペイン人。弟子に荘村清志がいる)の男女お二人の最高の演奏をお聴きください!!


*名曲紹介シリーズ第3回 ーピアノ・ギターの名曲 2作品のご紹介ー


 (1)フランツ・リスト作曲   ラ・カンパネラ [5:39]
    演奏 フジコ・ヘミング
    

 ニコロ・パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番第3楽章のロンド『ラ・カンパネラ』の主題を編曲して書かれました。名前の Campanella は、イタリア語で「鐘」という意味です。 リストが「ラ・カンパネラ」を扱った作品は4曲存在しますが、紹介するこの曲は最終稿の『パガニーニによる大練習曲』第3番で、数多くあるリストの作品の中でも最も有名なものの一つであり、彼女を有名にした代表曲の1つでもあります。


 (2)映画『禁じられた遊び』のサントラ盤 愛のロマンス 第一部・第二部  [6:16]
    演奏 ナルシソ・イエペス
    

 この映画はモノクロ画像でおぼろげな記憶ですが、戦争で逃げ惑う人々の中、主役の幼い少女が確か流れ弾にて両親を失い独りぼっちとなり家も無く道端歩き回るしかない中、偶然ある夫婦に世話をしてもらうことになり、そこの男の子と仲良く遊び回ることになります。そしてその家の犬か何かの動物の死の経験からか?死んだら墓を作りその土の下に埋めるものと知り、お墓ごっこを始めるのでした。
私はいつも昔の映画を勝手に作ってしまうことあるのでこの辺でやめておきます。ただ映画最後の場面、駅の中だったでしょうか主役の子が仲良しになった男の子を「ミッシェル!ミッシェル!」と言いながら探し回る最後の場面思い出すのです。何故探し回っているのか、何時頃この映画見たか記憶ありません。TUTAYAではDVD貸し出してはいません。
説明長くなりました。哀愁溢れるイエペスのギター演奏を存分にお楽しみ下さい。



27日夜現在東京都の感染者数は40名との報道でこれで3日連続40名以上を数えました。小池都知事の夜の会見も3日連続で、不要不急の外出の自粛をやや抑え気味に都民の皆様へ頭を下げお願いしていたようですが、3日前でしたか東京都で呼びかけ神奈川県・千葉県・埼玉県・山梨県の知事同士のテレビ電話での集会で結束を固め、しかしながら感染者減らなかったこともあり、ロックダウン・オーバーシュートを引き合いに翌日は朝の会見で何時になく声高く都民やこの会見見た日本の皆さんの方々への外出自粛願い報道に”小池知事頑張って!”の気持ち起こって来たものです。4月12日まで何とかこの状況見極めたいとの事でした。私の73歳になる日まで推移見ることにしましょう。少しでも吉報迎えられるようなっていただきたいものです。

 28日夜感染者数は63名に増えました。昨日の小池都知事の強い言葉での会見で、上野公園の花見見学禁止。竹下通りや渋谷スクランブル周りの若者向けの大小の店舗の休館・休店等が訊いて上野や渋谷も、竹下通りも若者減少映像が流れました。築地もアメ横も相当数の都民姿を消しました。夜、兄から「お前!感染してないか」とTELありました。スマホにランドセル背負った孫娘と家族の写真数枚発送されて来ておりました。
29日は満開の桜もビックリするかのように雪が降り始めてしまいました。多摩地域で大雪注意報あったそうです。その日の夜で68名と最高値を数えました。
翌朝9時55分頃チャンネルをTBSに変えたらいきなり志村けんさん死去の報道でした。”やっぱりか”の想いでした。実は上述した際に”重度の”とか”最高水準の”と書きましたが70歳であることも考え”ひょっとしたら”との思いが強く、毎日”今日記載あるかな、ないといいな”と気にはしていたのですが、あってはいけないことになってしまいました。もう”だいじょぶだぁ”と聞けないことが、とても寂しく思っております。 今日の夜現在の感染者は13名でした。1週間前の感染者数に戻りました。何処かの病院の感染データが出なかったと。明日もこの程度でありますように!
この夜、小池都知事の緊急会見があり、従来の不要不急の外出自粛は毎度のことでしたが今回は感染経路不明について夜の外出者の原因の多さが語られ、飲食店・バー・ナイトクラブ・居酒屋・カラオケ等の店は控えるようにと、特に密閉・密集・密接について語っておりました。
31日夜今日の東京都の感染者78名でした。これで更新することにしますが、感染者のピーク何時になるのでしょうか?1〜2か月とも言われていますが。今後世界状況見て感染者数急に減ることはないと思いますので、世界中の専門家の皆さん結集しなんとか従来ある薬でも結構ですから是非効力ある薬を発見していただきたいものです。

 今、何と言っても寂しいことは我がジャイアントの応援出来ないことです。メジャーリーグの事もそうですがいったい何時開幕出来るのでしょうか?米国の感染者数8万人を優に超え中国を抜きトップになったとの報道ありました(30日現在なんと140、886人の凄まじさ)。トランプ大統領が中国の感染者数(30日夜現在82、122人と1か月前とほぼ同じの第3位。ちなみに2位のイタリアは97、689人。ついでに日本はクルーズ船除き1,866人)の出し方おかしいと怒り気味のコメントが印象的でした。でも報道でも語っていたように、米国は外で食事に入ってもお絞りは無い。家に帰っての手を洗う習慣が無い。家に入って靴を脱がず土足のまま。人との握手が多い。ハグが多い等々感染しやすい状況にあると言っていました。それからアメリア人しか知りませんがマスクをする習性が無いそうです。昔、マスク姿での日本の若者が訪問した玄関を叩いた際、泥棒と間違えられ銃弾いきなり喰らい死亡した事件ありましたね。正当防衛だったかな?銃を平気で振り回すのは映画だけにしてほしいものですね。それから確かではありませんが30日報道に米国がコロナ感染の事で中国に対し訴訟を起こしたそうです。先般このコロナに対しトランプ大統領が『中国コロナ』と呼んだことで、中国が”武漢にコロナまいたのは米国の兵士ではないか”と怒りのコメントしたことありましたね。今後2つの大国の対立どうなるのでしょうか? オマケですが北朝鮮のウイルス状況はどのようになって要るのでしょうか?先般世界中で感染報道している中、何故か2度ほどミサイル発射させましたよね。あの国この時期に一体何を考えているのでしょうか。1つの状況だけ何かの報道で知りました。密輸目的で他国に渡りそこで感染し自国に帰れと見放され、自国に見つかると大変とばかり、自国に見つからないよう帰って隠れていたのはそこまでで、やはり見つかってしまい即刻銃殺刑となったそうです。これまた怖い国ですね。

志村けんさんの状況が少し解りました。死亡した日は29日の夜だそうです。場所は新宿区の国際医療研究センター病院らしいです。テレビ放映で病院外観見て調べて見ました。17日に身体に異常を感じ21日入院させた時はすでに意識が薄れていたそうで、検査の結果23日にウイルス感染判明したそうです。感染死亡者のため親兄妹誰も引取ること許されず直ぐに火葬され、31日でしたかに骨壺にて返されるそうです。
 記すこと予定になかったのですが”けんさん”に対し心が詰まり、私にとってより悲しい事を記して見ることにします。実は、先月6日に6年前に亡くなった妹の旦那の葬儀のために草加市近くの谷塚葬儀場に行き線香あげて来ました。私より3歳上の75歳でした。昔から体丈夫な人でお酒が好きで、まさかこんなに早く逝くとは思ってもいませんでした。子供は3人おり3人共近くに住んでいて孫達に逢えること楽しみに車を走らせていたようです。好きな所へ旅行も楽しんでいたようです。私2年近くご無沙汰しておりましてその時期頃に車で伊豆まで一緒に一泊旅行したこと。それから自宅の近くの確か森尾由美の名前でしたかの実家の居酒屋さんへ連れて行ってもらったその後ですが、その居酒屋に吉田類(月曜日夜9時放送のBS酒場放浪記)が入り”私が座った同じ椅子に座った!”と、このページに紹介したこと今となっては懐かしい想いでです。そんな良き兄貴(二人の間では私はそう呼んでいた)でしたが亡くなる2週間位前ですが自宅で急に気分悪くなり、子供を呼び、すぐ入院させたのですがその後回復1度も無く死去したとの事でした。コロナウイルスか?とも思いましたが、子供達と合って色々話しましたがその話は出ず、兄貴の兄弟(男3人兄弟)のお二人からも同様に出ませんでした。急性心不全とだけ聞いたと思うのですが。
それから昔の会社の開発部の7名で年1回のお酒飲みながらの食事会楽しんで来ましたが先輩の課長さんであった人が3年前から認知症ということで欠席していましたが、昨日”亡くなった”とメールが入りました。現在82歳だったそうです。そのことをやはり3年前から欠席の先輩にその旨知らせるために電話し”歩くことままならず外に出ることが出来ない”との事でした。年確認したら85歳でした。私が最初集まった7人の中で1番若いのでした。
70歳超えると最後はこのような話ばかりみたいです。いつも思っています次は私かと....。

ページトップに戻る


Copyrights(c) 2007 TokyoOumuKai All Rights Reserved